Essayつれづれ 「せかいのことわり」

ここ最近のこと。

久しぶりのこちらでの投稿になります。

前回の投稿が約2年前だったことに衝撃を受けております。
便利なSNSの投稿に甘えてこちらをご無沙汰しておりました。
(トップページにSNSのリンクもございますのでそちらもどうぞ♪)
しかしながら元気です。
娘も間もなく4歳を迎えるころとなりました。

ここには記していない2年間も、実にいろんなことがありました。
喜怒哀楽どの方面への感覚もありがたくいただいてきました。

が、そこはぴょーんと飛び越えて、

2020年、春です。

いろいろなものが、現れていますね。
あたりまえだったものが、そうでない、という時間を
この星全体で味わう日が来るとは、夢にも思いませんでした。

コンサートでの演奏についてはものの見事にまたのお楽しみに。
けれど、こころはなぜか穏やかに、それを受け入れていて、
新たなやるべきことを与えられたような。
そんな気がしています。

もちろん、悠長なことを言っていられないよ!と
思われる方もおられるかと思います。
実際私にも、不安はあります。

けれど、私は今日も生きているのだから、
今日も生き切りたい。

私の形、居場所、かかわり、
生まれてきてからこれまで、そしてこれから。
そんな周りの描く美しい形と、

そして大切な大切な 私の中に広がる世界

そのどちらもが共鳴して輝くのが、私の世界。

今よりももっと、響きあえる、
今よりももっと、いとおしく。

そんな兆しを感じています。

だから今は、ゆっくりと、
目で見て耳で聞き手で触れ、、、
魂で感じる
そんな時間を過ごそうと思っています。

ということで、
目下おうち時間のさらなる充実にいそしむ我が家に、
先日、鶏ご一行が我が家にやってきました。
生みたての卵の暖かさに
どこか懐かしいものを感じました

そのどちらもが共鳴して輝くのが、私の世界。

今よりももっと、響きあえる、
今よりももっと、いとおしく。

あなたとわたしのたまご、大切に温めていきましょう。

 
過去のコラム
© 2018 おきつななこ